検査|吹田市の内科「つばき内科クリニック」

つばき内科クリニック

  • 06-6319-1666

    【診療時間】9:00~12:30/16:30~19:30
    【休診日】水曜・木曜・土曜の午後、日曜、祝日

検査

当院の検査の特長

当院では、最新医療機器を多数導入しており、専門病院と遜色ない高度な検査が施行可能となっております。 必要に応じ即日検査し結果説明させていただきます。

即日測定可能なもの

  • CRP(C-反応性タンパク):様々な臓器に生じた炎症の早期診断、病気の経過観察、治療効果判定に役立ちます。
  • HbA1c: 過去1~2ヶ月の血糖の平均的な状態を知ることができます。糖尿病の診断・経過観察・治療効果判定に用います。
  • 血糖値
  • 血液一般(採血後少しの待ち時間で結果が出ます。)

外部委託

生化学・血液一般(一部)

外部委託の検査は、データが出次第速やかにオンラインで電子カルテに結果が届きます。

検査の種類

超音波検査

頸動脈エコー・心臓エコー・腹部エコー(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱等)・甲状腺エコー・下肢動静脈エコー等

※頸動脈エコーについてはこちらをご覧ください。
超音波は、人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で、一定方向に強く放射され、直進性が高いという性質があります。これを利用して、臓器に超音波を発信し、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信し、画像化して診断するのが超音波検査です。超音波検査は、動脈硬化や静脈瘤などの血管の病気や、癌などの腫瘍性病変の発見に役立ちます。放射線は使用しませんので、被曝の心配がありません。また、痛みなどを感じることもないため、妊婦の方やお子さまにも安心して受けていただくことが可能です。

X線撮影

胸部・腹部・骨盤・四肢など

X線撮影は、学校や職場の健康診断で多くの方が受けたことのある検査だと思います。物体を透過するX線の性質を利用して、心臓や肺の大きさ、影の形などを把握するというものです。痛みがなく、様々な情報を得ることができ、多くの診療分野で利用されています。またデジタルレントゲンは、撮影後すぐに電子カルテにデータが移されて、画像の劣化も起きないといったメリットがあります。フィルムと違い、資材を大量に消費することがないので環境にも優しい検査方法です。

心電図、ホルター心電図

  • 12誘導心電図検査:心臓病の発見や診断・病状の把握・治療効果の確認に用います。
  • ホルター心電図:24時間の心電図を持続的に記録して、後日、解析して診断します。

CAVI・ABI(動脈硬化の程度、血管年齢を評価できます)

CAVI(心臓足首血管指数):血管の老化度(血管年齢)を直接調べる検査です。
※CAVIについてはこちらをご覧ください。
ABI:動脈硬化の度合いや早期血管障害を検出することができます。

スパイロメーター

肺年齢や肺機能を検査する機器で、咳・痰・息切れの原因となる喘息や肺気腫、慢性気管支炎などの肺疾患の診断や治療効果判定に役立ちます。

一酸化炭素分析装置

呼気中の一酸化炭素濃度をセンサーにて検知し、その濃度を測定する装置です。主に禁煙指導に用いられ、タバコの害が数値化されることから、禁煙した効果が明確になります。

下肢静脈瘤検査

疲労感や圧迫感、不快感などの症状を訴えることの多い下肢静脈瘤。静脈が強く浮き出ている状態なので、基本的には視診・触診で診断していきます。また、立ち仕事をしている方に多い症状でもあるため、座っているときだけではなく、立っているときの様子も確認。状況によっては、超音波検査で静脈の太さや、血管の流れをチェックすることも選択肢の一つとして考えられます。また静脈瘤の判別が難しかったり、病歴があったりする場合は、造影剤を注入した検査を提案することもあります。最近では造影剤を使わない「造影CT検査」や「造影MRI検査」を行うことも増えてきました。

骨密度

骨は、カルシウムやマグネシウムなどが含まれていればいるほど強くなります。骨密度検査とは、そのようなミネラル成分が骨にどれぐらい含まれているのかを測定するチェック方法です。単位面積あたりの量を把握していくので「g/cm2」で表記します。
当院では、基本的にDEXA法(Dual Energy X-ray Absorptiometry)を用いて、検査を行っております。DEXA法とは、エネルギーの異なる2種類のX線を照射して、測定部位の透過率の違いから骨密度を測定する方法です。以前は手の骨で検査する方法が主流でしたが、DEXA法は腰椎・大腿骨頸部・橈骨遠位部など、骨折しやすい部位を測定するのでより正確な診断に結びつきます。骨粗鬆症や関節リウマチなどの診断・経過観察・治療効果の判定等にも利用されています。

経皮的動脈血酸素飽和度測定

パルスオキシメータを用いて、血液中にどれぐらい酸素が含まれているのかを測定する検査です。赤血球に含まれるヘモグロビンは、酸素と結合していない状態だと赤色を吸収する性質があります。逆に結合するとほとんど吸収しません。このようなヘモグロビンの性質を応用し、赤い光のセンサーを指先に透過させることで、動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定します。肺や心臓にトラブルがあると、酸素を取り込む量が少なくなるので、経皮的動脈血酸素飽和度測定が役立つというわけです。また近年では、睡眠時無呼吸症候群の簡易診断にも使われてます。

尿検査

尿検査とは、どんな成分がどれだけ含まれているかを丹念に調べるものです。尿に直接かかわる病気として、腎臓病・膀胱・尿管・尿道に関する病気があります。そのほか血液の病気や、心臓・肝臓・膵臓の病気なども挙げられます。ホルモンバランスの崩れによる病気や体内に腫瘍ができた、ストレスなど精神神経科の病気の一部ということも、尿の成分を調べれば原因が判明します。これだけ多くのことがわかる検査なので、初診時に必ず尿検査を行う病院もあります。
検査は、決められた時間に尿を採って提出するのみなので、手軽に受けることができます。

ページトップへ戻る